メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2020年12月20日 -1/-5℃ 雪

 

 


今季一番の寒気に覆われたこの週末、正直なところ観察に出るか否か迷いが出るほど荒れ模様の天候でした。

一日を通して氷点下が続き、更には北西の風が強く吹き荒れ事故も多発。
しかし日曜日を楽しみに仕事をしている私にとって週に一度のお楽しみを中止してしまっては翌週の仕事に張り合いが持てません。

意を決したように家を出ましたが・・・

 


地吹雪によるホワイトアウト。

 

 

道が全く見えず車を走らせることが出来ませんでした。

しかし風が強いことで雲の流れが早く、吹雪いたと思えば晴れ間が見えたりと目まぐるしく天候が変化します。

 


吹雪だからこそ季節感を表現できるような写真を撮ることができればと寒さに耐えながら観察と撮影を楽しんでいたところ、とある場所で『チリリリ・・・』とヤマヒバリorカヤクグリのような鳴き声を耳にしました。

ヤマヒバリとカヤクグリの鳴き声は非常によく似ており、私は聞き分けることが出来ません。

そこで鳴き声を頼りに目を凝らして探してみたところ、藪の中を縫うようにして移動するカヤクグリを発見。

 

 

撮影は至極困難。

なかなか抜けの良い場所に出てきてくれませんでしたが、藪の中で採餌をする姿を見ることができました。

 

 

こちらの個体を観察していると別の場所からも鳴き声が。

鳴き声のする方へ歩いていくと抜けの良い場所に止まっている姿が見られました。
ちょうど良く陽射しが照り付け、地味な色合いながらも複雑な羽の模様をはっきりと見ることが出来ました。

 

寒いためか羽毛を膨らませ保温効果を高めているようです。

まん丸で可愛らしい。

 

 

もっとじっくりと観察したかったのですが直ぐに藪の中へ。

陽射しが届かない場所ではだいぶ印象が異なります。

 

 

こちらの個体を観察していると別の個体が視界の中に飛び込んできました。

最初に見た個体とは違う個体であることは明らかなので、最低でもこの場所で3羽確認。

 

 

繁殖期は亜高山帯~高山帯で暮らしますが、冬季になると漂鳥として山麓や暖地に南下するので繁殖期以外の時期は思わぬところで観察の機会に恵まれます。

私にとってカヤクグリとの初めての出会いは渡りの時期。
まだ野鳥の知識が浅く手探り状態で探鳥をしていた頃、自宅近くの林で見つけたことを記憶しています。

過去の経験から単独で越冬するものだと思っていただけに今回の出会いはかなり意外に思えるものでした。

 

 

この場所にはまだ複数の個体がいるようで集団越冬地になっているのかもしれません。

餌となる物は種子や昆虫のようですが私が観察をしている間は種子を啄んでる姿が圧倒的でした。

 

 

時には猛烈に吹雪くこともあり、雪深い場所での観察は身に堪えます。

日記の冒頭に記載している気温は秋田市の気温になりますが、観察地の気温は昼間でも-4℃だったことに加え強風の影響で体感気温は-10℃以下を下回り防寒対策をしていたにも関わらず凍えるような寒さ。

それでもカヤクグリを始め周囲には小鳥が多く、極寒でも元気いっぱい動き回っていました。

 

 

雪の中でカヤクグリを見ることが出来たのは今回の観察で一番の収穫。

寒さに耐えたからこそ見ることが出来たと思えば結果オーライです

ただ雪の上に止まるカヤクグリの撮影は露出の設定が難しく、ちょうど良い塩梅が分かりません。

 

 

カヤクグリに露出を合わせると雪が不自然に白く光り、雪に露出を合わせるとカヤクグリの羽色が真っ黒になってしまいます。

 

写真って本当に難しい・・・

 

良い場面を捉えようと撮影に四苦八苦していると突如ハギマシコが飛来しました。

 

 

カヤクグリをずっと見ていたので、ハギマシコが随分と派手に見えます。

 

 

ハギマシコを見ている隙に雪の上に居たはずのカヤクグリが見当たりません。

二兎追う者は一兎を得ず。

一体何処に行ってしまったのかと辺りを見渡しましたが、完全に見失ってしまいました。
仕方なしに他の個体を探そうと思った瞬間目の前からカヤクグリの鳴き声が・・・

 


灯台もと暗し。

 

 

幾ら地味だとは言え、目の前に居るカヤクグリに気付けなかった自分に唖然。
フェンスに止まるカヤクグリはなかなか貴重かもしれません。


これはこれで面白いと可能な限り様々なシーンをカメラに収めました。

 

 

気付いてみると極寒のなか6時間も外で観察しており、手足の感覚が無くなり体力的にも限界・・・

一日観察を続けた印象として、この場所で越冬するのは間違いなさそうなので春まで観察が楽しめることでしょう。

また後日改めて観察の機会を設け、今までに見ることが出来なかった場面を観察できたらと思います。

 

本日の日記はここまで。