メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2020年12月27日



久しぶりに快晴となった日曜日。

本来であれば意気揚々とフィールドに繰り出していたところですが、この週末は予定が入っており観察をお休みしました。


そのため今回の日記は以前観察を行っていたカラスのお話です。

10月25日付の日記ではミヤマガラスの群れに混ざるコクマルガラスについて少しだけ触れていましたが、先ずはこちらの画像から。

 

電線に止まるミヤマガラスの群れ。

 

 

仕事先で見かけた群れの様子をスマホで撮影しました。

150羽程の群れの中にコクマルガラスの成鳥を4羽確認。
そのうちの1羽をスマホで撮影。

 

 

電線止まりですが青空を背景に間近で見ることができたものの、肝心な時に限ってカメラがありません。

秋田市内では何ヵ所かにミヤマガラスの群れが分散しており、通勤途中や仕事の移動中に見かける機会が多くあります。

じっくりと観察できない時ほど通りすがりでもコクマルガラスの成鳥を目にすることが出来ますが、休日になっていざ探してみると不思議に思えるほど見当たりません。

更に休日を狙ったように悪天候に見舞われる始末。
しかし腐っていても仕方ないので自宅近くで見られる群れから観察を行いました。

自宅近くの群れは約80羽程で、先ずはミヤマガラスを単体で撮影

 

 

普段目にするハシブトガラスやハシボソガラスは嘴も含め全身が真っ黒な印象ですが、ミヤマガラスは嘴の基部が露出しているため遠巻きに見ると嘴が灰色に見えます。

今回この様に特徴を捉えた姿を撮影できたのは群れの規模が小さいからこそ。

電線止まりでは比較的近くで撮影することができても元々警戒心の強いカラスだけに、地上に降りている際には車を止めた瞬間に飛び立ってしまいます。

群れの規模が大きくなるほどその行動は顕著に表れ、1羽飛ぶと群れが一斉に飛んでしまうため近付くことを許してくれません。

そのため少し距離を置いて群れの様子を観察してみましたが、こちらの群れにはコクマルガラスの成鳥は混ざっておらず。

成鳥は白黒のツートンカラーであることから肉眼でも容易に見つけることが出来ますが、幼鳥は真っ黒であるため丁寧な確認作業が必要となります。
しっかりと確認を行った結果、こちらの群れには幼鳥が1羽混ざっていました。

 

 

周囲に居るミヤマガラスに比べても一回り小さいことが見て取れます。

ミヤマガラスの体長は47cmなのに対しコクマルガラスの体長は33cmと小さくハトくらいのサイズ。
小さいというだけで真っ黒であっても可愛らしく思えるのは私だけでしょうか?

 

 

田んぼでせっせと採餌をしていましたが、距離が離れているため何を食べていたのか分かりません。


そしてこちらは目の前で採餌をしていたハシボソガラス。

たかがカラス、されどカラス。
遠巻きには真っ黒に見えても近くで見ると青紫の光沢を放つ羽が美しい。

 

 

一頻りこちらの群れの観察終えたところで別の群れを捜索してみることに。

次に見つけた群れは50羽程でしたが、そちらにはコクマルガラスは混ざっておらず早々に場所を移動。

この後、何ヵ所か思い当たる場所を回ってみましたが想定される場所では何故か群れの姿を確認できません。

 


やはり探すとなるとなかなか見つからないミヤマガラスの群れに一度は心が折れてしまいましたが、最後に回った場所では1000羽を超す群れを確認することが出来ました。

 

どうやらあちこちに分散していた群れが集結していたようです。

 

 

群れが大きくなることで近付ける雰囲気ではありませんでしたが、一斉に飛び立った群れは近くの木へ移動。

その際に耳にしたのがコクマルガラスの鳴き声。
複数の個体が混ざっているようで大きな群れの中に居てもコクマルガラスの鳴き声はハッキリと聞くことができます。

鳴き声については毎度活字で『キョン キョン』と表現していましたが、今回はその鳴き声を録音してみることにしました。

 

 

こちらの動画から分かる通りコクマルガラスの鳴き声は非常に分かり易いと思います。

鳴き声を頼りにコクマルガラスを探してみると比較的撮影し易い場所に成鳥が2羽止まっていることが確認できました。

 

 

画像を確認してみると右側の個体は胸の羽も白く部分白化個体のようです。

暫く木に止まる様子を見ていると群れは続々と移動を始め、付近の田んぼに降りる群れと電線に止まる群れと分散を始めました。

 


群れの規模が大きい場合、電線止まりでもカメラを構える動作に敏感に反応してしまう為、今回はその様子を距離を置いて撮影してみることに。

上の電線に止まるのはコクマルガラスで左から幼鳥2羽と成鳥が1羽。
下の電線は全てミヤマガラス。

 

 

以前の日記にも記載したように群れに混ざるコクマルガラスは住み分けが出来ているかの如く少し離れて行動する傾向が見られます。

一方で田んぼで採餌をする個体を探してみると、成鳥2羽の近くに幼鳥が1羽。

 

 

大きな群れの中から幼鳥を探すことは大変な作業ですが、成鳥を見つけることが出来れば近くに居る幼鳥に気付けるかもしれません。

この様にしてコクマルガラスはミヤマガラスの群れに混ざっていても仲間同士で行動していることが伺えます。

 

 

今回は群れが大きかったことで近くで観察することが出来ませんでしたが、この時に確認できたコクマルガラスはざっと見ても20羽
同時に確認できた数としては最大で今季はコクマルガラスの渡来数が多いのかもしれません。

 


今後良い条件で見る機会があれば改めてじっくりと観察を行い、再びご紹介出来ればと思います。

そんな出会いに期待して、本日の観察日記はここまで。