メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2020年2月11日 2/-3℃ 晴れのち曇り




今回は雪に閉ざされた大潟村を巡回連絡。

冷え込みが続いたことと、一晩でまとまった積雪があったことでフィールドは北国本来の景色が広がっていました。

氷結した水路にワシが居るだろうと思い、水路沿いを進むと予想通りオジロワシを発見。

特に何をする訳でもなくポツンと佇んでいます。
その様子を見ていると何処からともなくもう1羽オジロワシが飛来しました。

 

 

着氷のシーン。

 

突然飛来したオジロワシにおののくカラス。

 

 

元々居た個体の近くに降りましたが、付かず離れずといった微妙な距離感。

 

 

暫く見ていましたがたまに羽繕いをするくらいでこれといった動きは無し。

そんなこともあり他にも氷上で休むワシが居ないか探してみるとオジロワシ若を発見。
しかしこちらの個体もぼけ~っとした感じで特に動きを見せることはありませんでした。

 

 

雪で閉ざされた大潟村は餌が採りにくくなったせいかガンの姿は疎らで、多くの個体が南の地域に南下してしまったようです。

狩り場の猛禽たちはどうしてるのかと思い足を運んでみるとハクチョウやガンに占拠されていました。

居残り組が所狭しとひしめきあっています。

 

 

ハクチョウの他にもマガン・ヒシクイ・シジュウカラガン・ハクガンが集結していて、嘴で雪を掘り起こし採餌する様子が見られました。

その様子は動画で撮影。
強風の影響で映像がかなり揺れるため閲覧の際にはご注意を。

 

 

大潟村を含むその周辺を広範囲に偵察してみましたがこれといった成果も得られず時刻は15時を過ぎた頃、狩り場の一部エリアでコミミズクが1羽フワフワと飛び始めました。

ネズミを探しているようで地面を見ながら飛んでいます。

 

 

私の方へ飛んできたコミミズクは目の前で方向転換。

真っ正面から見ると顔が飛んでくるような印象ですが、真横から見ると丸太が飛んでいるかのよう。

 

 

あっちを飛んだりこっちを飛んだりを繰り返していると次第に距離が離れてしまったため「今日の観察はここまでか」と思った瞬間、エリアの奥で飛翔するコミミズクを3羽確認。

ここからコミミ祭りの始まりです。

エリア中央まで移動すると更に飛翔するコミミは増え、同時に6羽飛び交うという贅沢な光景が広がりました。

しかし全ての個体を一つのフレームに収めることは難しく、この時同時に撮影できたのは3羽のみ。

 

 

始めに観察した個体はエリア外に出てしまったので、合計で7羽のコミミが一部エリアに密集していたことになります。

複数個体があちこち飛び交うことで、どの個体に焦点を当てたら良いのか分かりません。
私から見て正面の個体を見ていると、至近距離で真後ろを飛ぶ個体が居たりと弄ばれているような感覚。

個体によっては翼下面が純白でケアシノスリを彷彿とさせる個体も見られました。

 

 

個体によって色合いの違いが見てとれますが、外側尾羽の模様から白っぽい個体は♂で褐色の個体は♀のようです。

狩り場がガンの群れに占拠されてるためか限られたエリアで狩りをする個体が多く様々な場面を見ることができました。

 

 

フワフワと飛翔するコミミズクはほとんどの個体が狩りに勤しんでいるようで、翼を翻したと思えば急降下。

この場面を狙って撮影を繰り返しましたが、不規則な動きであることから撮影に成功したのは僅か数枚。

 

 

急降下する場面をカッコよく表現するため縦構図でも撮影しましたが、自分で思い描いたような写真を残すことはできませんでした。

 

 

狩りの場面を言葉で表すと急降下となりますが、実際に見る印象は『ドサッ』と落下するような手法で「本当にこれでネズミが捕まえられるのか?」と思わされるほど。

雑とも思える狩りを繰り返すコミミズクが私の直ぐそばに。

「顔から落ちたのか?」と思うくらいの勢い。

 

 

うつ伏せの状態で羽をばたつかせ獲物がどのような状態にあるのか見てとることが出来ません。

 

 

このような格好から一見狩りに成功したかのように見えるものの、実際のところ何も捕まえていないことが多く、直ぐに飛び立ち再び急降下を繰り返すといった場面が長時間続きました。

飛び立ちの瞬間を捉えた画像を拡大してみると鳥とは思えない猫のような可愛い足からは鋭い爪が。

 

 

この鋭い爪で獲物を捕まえているようですが狩りの成功率は極めて低いように思います。

不恰好な狩りを続けるコミミズクたちをチョウゲンボウが高みの見物。

 

 

『下手くそな狩りしてんな』とでも言いたげに見えなくもありません。

一体いつになったら獲物を捕まえるのかと思い、可能な限り飛び立ちの瞬間を注視していると獲物を捕らえた個体を発見。

画像を拡大するとネズミの捕獲に成功したことが分かります。

 

 

最大で6羽同時確認したコミミズクは時間の経過と共に数を増やしたようですが、入り乱れて飛翔していたため正確な数をカウントすることはできませんでした。

この狭いエリアに何羽のコミミズクが潜んでいたのか・・・

 

 

離れた場所に塒をとっていた個体が飛来している可能性も否めませんが、狩り場にこれほど多くの猛禽が集まるということは餌となるネズミが多く生息していることが伺えます。

このような場面を見ることで、1羽につき一日あたり何匹のネズミも捕食するのか興味が湧きました。

 

 

それと同時に頭に浮かんたのは空腹の状態で何日耐えることができるのか。

今季は暖冬傾向でそれほど空腹の場面になることは無かったと思いますが、例年の冬を考えると厳しい環境に直面することが多々あると思います。

 

 

主に夜に行動する鳥ということもあり私の疑問が解明されることは無いと思いますがコミミズクの狩りは延々と続き、この日は日没まで観察を楽しむことができました。

もう間もなくコミミズクを始めとする冬鳥たちが秋田を離れます。
あと何回姿を見ることができるのか分かりませんが、北帰行が本格化する前に再び観察できることを願っています。

 

 

今回の観察日記はここまで。