メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2020年4月25日 15/2℃ 雨のち曇り




今回の日記はコマドリの観察記。

ここ数年この時期になるとコマドリの渡来に合わせて観察を行っていますが、今季は例年に比べ少し遅めの観察となりました。
先週の日曜日に今季初認していたものの、残念ながらその時は観察とは程遠い状態で姿を確認できたのはほんの数秒。

それから一週間が経過し渡来状態や行動に変化が見られないかと再び山へ。
道中は辺り一面ツグミだらけといった様相で北上中の個体が夜のうちにどっと渡ってきたようです。

そして道路脇からはコマドリの囀りが・・・

 


耳を澄ませ鳴き声を頼りに歩み寄ってみると藪の中を移動するコマドリを発見。

 

 

思わぬところで今季初撮影となりました。
しかし渡りの時期には平地でも見られることがあるので特別珍しいことではありません。

思い返してみると私がコマドリを初めて見たのは面積のほとんどが農耕地を占める大潟村の松林でした。
ちょうどゴールデンウィークの連休中だったと記憶しています。


今季初撮影のコマドリは目視で確認できない藪の奥に消えてしまったことから、山へ移動し駐車場に着いてみると車は一台も止まっておらず。

この日は朝から雨が続いていたこともあり、登山者の姿もなければバードウォッチャーの姿も無し。

雨があがったところを見計らい、山に入るとひょっこりとコマドリが姿を見せてくれました。

 

 

こちらの場所に渡来する個体は一定期間滞在すると標高の高い場所に移動するようです。

滞在期間は然程長くありません。

 

岩や倒木の隙間を縫うようにして移動するコマドリは餌となる虫を探しているようでした。


撮影は移動する際に目立った場所に出てきたタイミングでシャッターを押しているので似たような写真を量産。

 

 

絵面が違うというだけで行動を撮らせてもらいたいと考える私にとっては思ったような場面が見られない時間が続きました。

コマドリをこのように狙って観察できること自体が贅沢なことかもしれませんが・・・

 

 

コマドリを見ていると時々ルリビタキも姿を見せてくれたので、そちらも併せて撮影させてもらいました。

前日は枝止まりがほとんどだったので苔むした環境での撮影は新鮮です。

 

 

このルリビタキを追いかけるように別の鳥が現れ、何が飛んできたのかと思えば今季初認のキビタキ。

何ともカラフルな観察日となりました。

 

 

ルリビタキやキビタキを見ているとコマドリの出が悪くなり、暫し待機の時間が続きましたが何処からかコマドリの囀りが聞こえてきたような・・・

一体何処で鳴いているのか探してみると普段出ることのないような場所で一生懸命囀ずるコマドリの姿が。

 

 

私の挙動が大きかったものの動じる様子は見られず。

個人的な印象ですがミソサザイと同様に囀ずっている時は周囲の動きをあまり気にしない傾向があるように思います。

ジメジメとした薄暗い環境で見ることの多いコマドリですが、この時は開けた環境で採餌をしており苔の中に潜む虫を食べているようでした。

 

 

私の存在などお構い無しに採餌を続けると太陽が燦々と降り注ぐ花の咲いている場所に止まって一休み。

これは願ってもないチャンス。
初めて撮影する花とコマドリのコラボレーションです。

 

 

後にも先にもこんな場面には出会えないかもしれません。
この写真はこの日撮影させてもらえた写真のなかでお気に入りの一つ。

他の写真はコマドリとの距離が近過ぎて構図のバランスが悪かったりと私としては及第点に届きません。
例えばこちらの写真。

 

 

コマドリを観察していると驚くほど近寄ってくることがありますが、そんな時に撮影できた写真ほどバランスが悪くなってしまいます。

 

近いことで嬉しさが先行してしまい夢中でシャッターを押しますが、帰宅後に改めて画像を確認すると「う~ん」と首を傾げてしまう羽目に・・・

 

 

コマドリは忙しなく動き回る鳥なので構図を作って見栄えの良い写真を撮ろうとすると欲が裏目に出て空回り。

 

今回掲載している写真は下手な鉄砲を撃ちまくったものを吟味しましたが今一つなものがほとんどです。

 

 

見た目にインパクトの強い鳥だからこそ小さく撮って生息環境を上手く取り込めたら良かったのですが、私にはそこまでの技量がありません。

そんななかで今回はミソサザイの写真が一番良く撮れたと思います

 

 

このミソサザイが囀りを聞かせるなか、ちょっと控えめにコマドリが囀り始めました。

その様子は活字で伝えきれないことから動画で撮影。

 

 

手持ちの図鑑ではコマドリの囀りに関して『ヒンカラカラカラ』と記載があります。
うろ覚えですがこの鳴き声が馬の嘶き(いななき)に似ているということから駒(馬)鳥という和名の由来になったのだとか。

しかしながらコマドリの囀りは馬の嘶きとは似ても似つかないような・・・


止まっている姿の撮影がお腹いっぱいになったところで、採餌の瞬間を狙い何を捕食しているのか粘ってみましたが決定的瞬間はシャッター速度が稼げずブレブレ。

 

 

この時は比較的大きな虫を捕食したようでしたが一体何だったのか

何か面白いシーンをと粘って撮れたのがこちらの画像。
橙色と青色のコラボレーションです。

 

 

手前にボケて写るのはルリビタキ。
この2羽が重なる場面を狙って撮影しましたが無理矢理な感じが否めません。

動きのある写真が撮れたらと決定的瞬間を狙っても・・・

 

 

我ながら笑える写真になりました。

結果的にこの日撮影することができたのはほとんどが止まっている姿でしたが、確認できたコマドリは1+4個体で待ち時間が少なく贅沢な時間を過ごすことができたと思います。

 

 

この週末を境目に夏鳥が一気に増え、渡りの途中の鳥も多く見られるようになったことからまた新たな出会いに恵まれるかもしれません。

この時期の貴重な機会を逃すことが無いよう、今後も丁寧にフィールドを見て回りたいと思います。

 

 

おまけの画像。

 

先週観察を行ったカワガラスの巣立ち雛はまだ親鳥に餌をねだる場面が見られたものの、飛び方もかなり上手になり成長している様子を見ることができました。

 

また成長を感じる場面が見られたらと思います。

 

 

本日の観察日記はここまで。