メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2020年6月14日 28/20℃ 晴れのち曇り

 

 

 

 

今回の日記はヨシゴイの観察記。

春の渡りが一段落すると夏鳥として渡来するチゴモズ・アカショウビン・コシアカツバメ・ヨシゴイを観察することがこの時期の恒例となっています。

 

ワンパターン化しつつある過去の観察記録を振り返ってみると年々観察の内容が薄くなっていることに気付かされました。
全ての種に共通して言えることは、鳥の数そのものが減っており観察すること事態難しくなっていることが原因として挙げられます。

後学の為にどの種もじっくりと時間をかけて観察を行い、年毎による変化だけではなく日々の行動の変化を見ることができればと考えますが、週に一度の限られた時間では思い通りの観察をすることはできません。

そのような訳で週替わりで断片的な観察が続いてしまいますが、上記に挙げた4種のなかでも私の一番好きなヨシゴイを今回は観察してきました。

 


葦が生い茂った水辺で『オーッ オーッ』と低いうめき声のように聞こえてくるのがヨシゴイの鳴き声。

何処で鳴いているのかと探してみたところ2本の葦に掴まり器用に止まるヨシゴイを発見。

 

 

セッカやオオセッカもこのようなスタイルで止まる姿を見かけますが、国内最小のサギということもあり体重が軽いからこそ成せる業です。

こちらの水辺では例年4~5ペアほど繁殖しており過去にも様々な場面を観察してきました。
先ずは今季の渡来数を把握したいと考え丹念に葦原をチェック。

 

 

葦原などの茂みに潜んで暮らすので見つけにくい鳥とされていますが、大胆に出てくることもあるのでじっくりと探せば意外とあちこちで姿を目にします。

 

 

この日確認できたのは3ペアほど。

雌雄揃って飛翔する場面も見られ、まだ繁殖の準備段階にあるようでした。

 

 

他の地域では今季ヨシゴイの渡来数が少ないとの噂を耳にしたことから秋田県においても同じ状況にあるのか気になっていましたが、こちらも多分に漏れず例年に比べて渡来数は少ないようです。

 


およその渡来数が把握できたところで定点観察に移行。
時間的に逆光になる位置でしたが、水辺を全体的に見渡せる場所ということもあり良い場面を見られることを期待して暫し待機してみることに。

不意に後方から飛んできたヨシゴイが近くに止まってくれるというサービスタイム。

 

 

大きく撮れたことが裏目に出てサイズ感が伝わらないのがもどかしい・・・

この小さなサギの大きさを表現するにはある程度距離を離すか、上手く風景を取り込むなど工夫が必要なようです。

周囲を見渡すような仕草を見せるとガサゴソと葦を伝い歩き、茂みの中へ姿を消してしまいました。

 

 

無風状態で観察を行った場合、ヨシゴイが葦を伝い歩くことでガサガサと葦が大きく揺れるため何処を歩いているのか把握することができます。

突然目の前に顔を出すこともあるので互いにドキッとしますが、この時は離れた場所に移動してしまいました。

首を伸ばし辺りの様子を伺っているようです。

 

 

首の伸縮性がスゴい。

ここから更に葦を伝って移動すると水辺に競り出すようにして自生する植物の上で羽繕いを始めました。

特に何が面白いという訳ではありませんが、その様子は動画で撮影
サイズ感だけは伝わるかもしれません。

 

 

羽繕いを終えると姿を隠してしまいましたが、同じ個体と思われるヨシゴイがコウホネの葉へ飛来しました。

密集する形で自生するコウホネの葉は姿を隠すのに最適で、どうやらどうやら狩りをする為に飛来したようです。

残念ながら私の位置からはその姿を見ることはできませんでしたが、あわよくば手前側に移動して来ないかと待ってみたものの一向に姿を現さず・・・

 


20分ほど経過すると潜望鏡のように葉の隙間から首が伸びてきました。

 

 

間もなく飛び立つだろうと考え、その瞬間を捉えようと集中力を高めます。

程なくして飛び立ち。

 

 

この後は時間の経過と共に出が悪くなってしまい、なかなか良いシーンを見ることができないまま観察は終了。

今後繁殖が順調に進めば様々な場面が見られると思うので、ヨシゴイに関してはまた日を改めて観察を行いたいと思います。

 

 

ヨシゴイの観察記は以上となりますが、ここからは先週観察をしたコシアカツバメの様子について。

先週は巣造りを始めて間もないコシアカツバメを観察しましたが、その様子を振り返る意味で先ずは先週撮影した巣造りの様子から。

 

 

巣の基礎となる土台を造り、そこから徐々に泥を盛り付ける様子を観察することができました。

一週間が経過し巣はどのような変化を遂げているのか。
そっと営巣場所を覗き込んでみると・・・

 

 

見事な仕上がり具合。

この1週間で大したものだと感心して眺めていると泥を咥えたペアが飛来。

 

 

前回の観察ではペアが交互に飛来して泥を盛り付けていましたが、今回は2羽同時に飛来できるほど巣は大きくなり各々泥を盛り付けているようでした。

これでも巣の完成率は65%といったところでしょうか。

 

 

普通のツバメと違いコシアカツバメは巣を塒とすることからサイズが大きく形状も異なります。

おそらく後一週間もすると巣は完成といったところでしょう。
また次回の観察日に足を運んで様子を確認し続報という形で報告できればと思います。

 

 

本日の観察日記はここまで。