メールはこちらからどうぞ

twitter

Follow Me!

 

 

2020年7月25日 29/21℃ 曇り




前回の続き。

連休初日はショウドウツバメを観察し、二日目はイワツバメの観察をしようと県南地域を回りましたが既に巣立ちを迎えた個体がほとんどで思ったような観察をすることが出来ませんでした。

連休三日目は前日のリベンジとばかりに県北地域へ。
育雛中の個体が居ることを願い観察場所に辿り着くと辺りを飛び交うイワツバメたちの姿が・・・

 

 

「う~ん、こちらの個体群も既に巣立っていたのか」

落胆の色を隠せませんでしたが、念の為に集合住宅と化した巣を一つ一つ見て回ると成鳥が顔を覗かせていました。

 

 

「可愛い」

イワツバメは巣の入り口から顔だけ出して辺りをキョロキョロ。
間もなくもう1羽の成鳥が巣に戻ると2羽並ぶようにして顔を覗かせています。

 

 

育雛中であればひっきりなしに巣を出入りするはずですが、こちらのペアは思い出したように巣を出るだけで頻度としてはかなり間延びしたようにも見受けられました。

不意に地面を見ると卵の殻が・・・

 

 

慎重に触らないと跡形もなく潰れてしまいそうなほど殻は薄く、重さは全くと言っていいほど感じません。

風が吹けば直ぐに飛んでしまうような殻が巣の真下にあるということは雛が孵って間もないことを示しています。

 

 

まだ餌の要求量が少ないこともあり親鳥が忙しなく飛び回るのはもう少し先のようでした。

合点のいく答えが見つかったところで別の
巣を見て回ると、親鳥が頻繁に巣の出入りをしている場面に遭遇。

 

 

様子を見ていると巣の中で何やらモゾモゾと動いているようです。
雛が顔を覗かせてくれることを期待して待ってみると巣の外にお尻を向けました。

ここからは画像を拡大。

 

 

このお尻の特徴を見る限りこちらの雛は孵化から一週間ほど経っているでしょうか。

雛がお尻を外に向けプルプルとお尻を震わせるとウンチをします。
巣の中が汚れないように外に排泄しますが本能的なものだとは言え感心させられる場面。

しかしこの時はちょっと失敗してしまったようで巣の縁にウンチが乗ってしまいました。

 

 

こういった場面どうするのかと興味津々に見ていると、親鳥が顔を覗かせウンチを咥えて外にポトリ・・・

 

 

雛が小さいうちはウンチが薄い被膜で覆われている為このような行動が可能ですが、ヘビがいるような場所に営巣するとウンチを咥えたまま外に飛び出し離れた場所に棄てる様子を見ることができます

これは舌で匂いを感知するヘビに巣の場所を知られないための行動とされていますが、親鳥の健気な行動には頭が下がる思い。

巣の出入りを繰り返す親鳥の観察を終えたところでこの後は飛びものの撮影にチャレンジ。

 

 

例によって下手な鉄砲を撃ちまくり撮影した画像をチェックしてみると色々な行動を捉えていました。

余所見しながら飛翔する姿。

 

空中で頭掻き。

 

無誘導爆弾の投下。

 

結果としては見栄えの良い写真を撮ることは出来ませんでしたが、久しぶりにイワツバメをじっくり観察することができ目的は十分に達成できたと思います。

 

 

イワツバメの観察を終えたあとは八幡平でホシガラス探し。
せっかく県北まで足を伸ばしたのでホシガラスを見ることができればと車を走らせましたが・・・

五里霧中。

 

 

ホシガラスどころの話ではなく濃霧の影響で全く見通しが効きません。
更に雨が強めに降ってくる時間帯もあり踏んだり蹴ったりとはこのことでしょうか。

早々に下山しようとも思いましたが往生際の悪い私は右往左往を繰り返しました。

 

 

所によっては霧の薄い場所もあり、そちらを重点的に捜索して回ると枯れ木に止まるホシガラスを発見。

特徴ある電子的な鳴き声を何度も発していました。

 

 

こちらの個体を発見して以降立て続けにホシガラスを見つけることができ成鳥3羽、幼鳥2羽を確認。

しかし肝心な時に限って霧の影響が酷く、近くで見ることができてもこの有り様。

 

 

嬉しいはずの出会いも残念な結果に終わってしまいました。

泣く泣く下山すると気温は一気に上昇。
16℃だった気温から一転して30℃近くなると気温差に身体についていきません。

その後は観光地を転々としながら探鳥を続けましたがパッとしないままこの日の観察を終えました。

 

 

翌日の連休最終日は早朝から継続観察をしている鳥を見に出掛け、4日間フルに観察を続けた連休となりました。

間もなく本格的な夏が到来し観察をするには厳しい条件となりますが、体を壊さない程度にフィールドを回りたいと思います。

連休中の観察記はこれにておしまい。